プロフィール

略歴

小川 敏夫(おがわ としお)

昭和23年3月18日、東京都練馬区生まれ。昭和45年立教大学法学部卒業、同年司法試験合格。裁判官、検事を経て、現在弁護士。この他、立教大学法学部、大蔵省税務大学校にて講師を務める。

○平成10年参議院選挙東京都選挙区で初当選。16年、22年に再選、当選 3 回。これまで国会では参議院内閣委員長(H14)、外交防衛委員長(H19)、決算委員長(H20)、農林水産委員長(H21)を歴任。民主党政権では野田第1次改造内閣で法務大臣に就任(H24.1?6)。菅内閣で法務副大臣(H22)。裁判官弾劾裁判所裁判長(H24)。民主党では参議院幹事長、政審会長、党広報委員長・国民運動委員長、財務委員長。民主党東京都連会長、幹事長などを務める

○著書
「指揮権発動 検察の正義は失われた」

(平成28年6月20日現在)

小川敏夫ってどんな人?

生まれ 昭和23年、練馬の生まれ。団塊の世代です。
今も練馬在住です。
血液型 AB型。一般的には変わり者扱いされますが・・・そんなことはないみたい。
音楽 普段、本人が何を聴いているかわかりません・・・
カラオケでは、石原裕次郎が十八番です。名実ともに「嵐を呼ぶ男」です。
趣味 旅行は基本的に好きで、家族旅行が一番の楽しみとのこと。
また、家庭菜園や土いじりが好きです。
スポーツ 水泳が趣味ではありますが、議員になってからはなかなか行く機会がなくなっているようです。
ゴルフは年に数回コースをまわっています。
資格 普通運転免許の他、司法試験に合格しています。
(裁判官、検事を経て現在弁護士)
好き嫌い 基本的には好き嫌いはありません。好物は、そば、焼肉、中華。
国会内のおそば屋さんには会期中よく行っています。
忙しい時は、レバ刺しがスタミナ源でしたが、2012年7月から食べられなくなってしまいましたΣ( ̄Д ̄;)がーんっ!
おやつ あんぱんと牛乳
スタッフ 学生や主婦の方、リタイヤされた方、またお勤めの方も時間をつくってボランティアとしてお手伝いいただいています。
座右の銘 苦しい時ほど前を見る

政治を志した動機

46歳で子どもが生まれ、子どもの世代のために何を残すか、よい社会を残すのが親世代の務めであると感じました。

それまでは、裁判官や検事、弁護士として個々の事例を通じて社会の問題の解決に取り組んできましたが、個人としては限界があります。
努力が報われる社会をつくるのは政治の仕事です。

「カネ」にまつわる政治家の問題、一部の人だけのための政治、それを打ち破っていくには、 検事・裁判官であった自分だからこそ切り込んでいけると思い、政治を志しました。