2006年

西東京市議会議員選挙




(▲ 12月17日 つつじヶ丘駅前)
12月17日(日曜日)、西東京市議会議員選挙の応援のため、つつじヶ丘駅前で演説を行いました。 結果は公認候補者5人全員が当選しました。

民主党練馬区支部統一地方選決起集会




(▲ 12月6日 ホテルカデンツァ)
12月6日(水)、民主党練馬区支部主催の、統一地方選必勝決起集会に参加しました。
 当日は、区長候補予定者のさめじま宗明前衆議院議員と区議候補予定者の他に、来年の参議院選挙に立候補予定の鈴木かん参議院議員と大河原雅子さんが挨拶をしました→区議候補予定者はこちら

小川敏夫後援会バス旅行



11月18日(土)、小川敏夫後援会のみなさんとバス旅行に行ってきました。都内だけでなく、神奈川などの各県から180人程度の方に参加して頂き、江ノ島水族館を見学し、中華街で昼食をとった後、海上保安庁資料館を見て、赤レンガ倉庫を散策しました。

ODAに関する特別委員会でルワンダ共和国大統領と意見交換


(▲ 11月7日 政府開発援助等に関する特別委員会)


11月7日(火)、政府開発援助等に関する特別委員会で、カガメ・ルワンダ共和国大統領との懇談会を行いました。開発のための支援や人道的な支援、民族間の対立と和解のプロセスなどについて意見を交換しました。

民主党東京都連の幹事長に選出


(▲ 9月25日 民主党東京都総支部連合会 第11回定期大会)


9月25日(月)、民主党東京都総支部連合会の定期大会で、幹事長に選出されました。  会長には円より子参議院議員、副会長に小宮山洋子衆議院議員、松原仁衆議院議員、田中良都議会議員、久保合介区議会議員、政調会長に馬場裕子都議会議員、監査役に熊木美奈子都議会議員と富田竜馬区議会議員がそれぞれ選出されました。  合わせて、来年行われる統一地方選挙と参議院議員選挙に向けて全員で頑張ろうを三唱し、満場の拍手とともに閉会した。

神奈川で後藤祐一さんを応援


(▲ 7月29日 厚木市内)


7月29日(土)、神奈川16区(厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村、藤野町、城山町、相模原市)において10月に行われる衆議院議員補欠選挙で、民主党が公認をしている後藤祐一さんの応援に行きました。

立川市議会議員選挙












(▲ 6月11日~17日 立川市内)


6月11日から17日にかけて行われた立川市議会議員選挙で、各候補者の応援に行きました。結果は公認、推薦合わせて6名の立候補者全員が当選しました。
 詳しい結果はこちら→立川市議会議員選挙結果

中間法人「トリガー・ラボ」の政治資金規正法違反について告発


(▲ 法務省司法記者クラブ)


6月16日(金)、「竹中平蔵経済研究所」をホームページ上で自称する有限責任中間法人「トリガー・ラボ」を、活動実態から見て、竹中大臣を支持する政治団体とし、政治資金規正法に定められた収支報告書を提出しなかったとして、理事について同法違反容疑の告発状を東京地検に提出しました。

議員立法で法案を2案提出


(▲ 5月31日 民主党党本部5F)


 5月31日(水)、「カネミ・ライスオイル食中毒被害者救済法案」の発議者として同法案を提出し、記者会見を行いました。  今後の救済と対策をしっかりとするためにも、党派を超えて議論をしていきたいと思います。  また同じ日に、これまでにも何度か提出している、選択的夫婦別姓制度の導入などを盛り込んだ民法改正案も提出しました。

本会議で行政改革推進法に対して反対討論




(▲ 5月26日 参議院本会議)


5月26日(金)、参議院本会議で、政府が提出した行政改革推進法案に対して反対討論を行いました。  今回政府が提出した法案では、行政改革の核心である天下り規制、随意契約や指名競争入札の適正化がなされない事を指摘し、民主党はそのために天下り禁止法案や随意契約透明化法案を提出していると述べました。続けて、政府が行っている事務事業の聖域なき見直し、補完性の原則にもとづく地方への移譲などを行うことによって、「新しい政府」をつくるべきだと説き、「政権交代なくして真の改革はなしえない」と訴えて、討論を締め括りました。

政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会で答弁


(▲ 5月18日 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会)


 5月18日(木)、政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会で、参議院議員定数改正について、自民党案(「一票の格差」を4.75倍にする4増4減案)と民主党案(「一票の格差」を3.80倍にする2増2減案)について審議され、民主党案の答弁にたちました。  与党案にくらべ「一票の格差」をより改善できる案でしたが、与党案が採決されてしまいました。

独立行政法人改革について農林水産委員会で質問


(▲ 3月28日 農水委員会)


3月28日(火)、農林水産委員会で再度質問に立ちました。  独立行政法人改革の最終目的と意義を質し、今回の改革は独立行政法人の数を減らすだけで形だけの改革すぎない、と指摘しました。その後、独立行政法人の民営化に伴う天下りの問題などについて質問しました。

予算委員会で竹中大臣と安倍官房長官に質問


(▲ 3月23日 予算委員会)


3月23日(木)、先日の農林水産委員会に続いて予算委員会で質問をしました。  竹中大臣に、中間法人トリガー・ラボとの関係やミサワホームグループの産業再生機構入りへの関与などを質問し、その後、安倍官房長官に靖国神社参拝や新たな国立追悼施設について質問しました。

農林水産委員会でBSE問題等について質問


(▲ 3月22日 農水委員会)

3月22日(水)、農林水産委員会でBSE問題などについて質問しました。  アメリカ産牛肉の輸入再開を決めた直後に脊柱の混入が発覚するなど、輸入再開を決定した過程やアメリカの検査態勢のチェックを含め、今回の輸入再開には数々の疑問がつきまといます。そのような疑問について、政府の見解を質しました。

予算委員会で今国会2度目の質問


(▲ 3月13日 参議院予算委員会)


3月13日(月)、参議院予算委員会で今国会2回目の質問に立ちました。  冒頭、安倍官房長官の秘書による国土交通省に対する働きかけについて質問した後、ミサワホームグループの産業再生機構支援の決定についてや、米国公文書により明らかになった沖縄返還に関する日米密約についてなどを質問しました。  これからも、様々な問題について追求していきたいと思います。

町田市長・市議会議員選挙




(▲ 2月19日~26日 町田市内)

2月19日から26日まで行われた町田市長選挙及び市議会議員選挙で、各候補者の応援に行きました。
 結果は、市長候補の真木しげるさんは次点で惜敗、市議会議員候補は9名立候補をして8名当選しました。
 
詳しい結果はこちら→選挙結果

北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会の視察




(▲ 2月22日~23日 石川県及び福井県)


2月22日から23日にかけて、北朝鮮による拉致問題に関する特別委員会の視察で、石川県と福井県に行ってきました。  両県の県警本部から説明を聞くとともに、学識経験者や関係者との意見交換を行いました。  これからも委員会の理事として拉致問題の解決に力を注いでいきたいと思います。

日野市議会議員選挙で今井昭徳さんを応援


(▲ 2月12日(日) 今井昭徳事務所前)


2月12日~18日まで行われた日野市議会議員選挙で、民主党から唯一の公認候補として立候補した、今井昭徳さんの応援に行きました。  2月12日に行われた出陣式では、木野常男昭島市議会議員の司会で、地元の長島昭久衆議院議員に続き激励の挨拶をさせて頂きました。  結果は、4192票を獲得しトップで当選しました。今井昭徳さん、おめでとうございます。

参議院予算委員会でBSE問題等に関して質問




(▲ 2月2日(木) 参議院予算委員会)


2月2日
参議院の予算委員会で、米国産牛肉の輸入問題などについて質問しました。
 危険部位を含んだ牛肉が輸入された事について、「政府に責任があるとは思っていない」と言う小泉首相らに対して、米国政府に輸出プログラムを遵守させる責任や、輸入開始前に現地調査を行わなかった責任などを、これからも厳しく追及していきたいと思います。

会議の様子はこちら→参議院予算委員会

田中修一町田市議会議員の事務所開き




(▲ 1月14日(土) 町田市内)

1月14日
田中修一町田市議会議員の街頭演説と事務所開きに参加しました。  これからも地方自治体議員の方と協力して、有権者の皆さん一人一人の立場からの政治を行っていきたいと思います。